伝統的なジュエリー対モダンなジュエリー

ジュエリーのデザインやスタイルは、長い年月の間に興味深い変化をいくつも遂げてきました。こうした変化は主に、時代や、その時代の人々の考え方に影響されてきました。現在、市場に出回っているジュエリーの中でもカテゴリーとして最もよく知られているのが、現代的なジュエリーと伝統的なジュエリーの2つだと思います。
人は、服やジュエリー、靴といった、自分で身につけるものに対しては、より慎重になりがちです。それは主に、それらが自分の個性を表すと同時に、最新のファッションの流行やスタイルを追っているかどうかを示すものでもあるからです。したがって、伝統的なジュエリーを選ぶかどうかにかかわらず、それらはすべて、現代のファッションの選択肢において、明確なステータスを持っているのです。

それでは、伝統的なジュエリーと現代的なジュエリーの根本的な違いをいくつか見てみることにしましょう。

伝統的なジュエリー

伝統的なジュエリーは、通常、シルバー、ゴールド、そしてダイヤモンドをはじめとする貴石などの、貴金属に主に焦点を当てています。結婚式や婚約パーティーといった特別なお祝いの機会には、こうしたタイプのジュエリーが好まれるのです。

この場合の伝統的という概念の一例が「テンプルジュエリー」と呼ばれるジュエリーであり、これらは今でも伝統行事の際に人気です。さらに、伝統的なシルバージュエリーも、今でも世界中で結婚式など特別な日に重宝されています。

伝統的なジュエリーの面白いところは、デザイナーたちが緻密で精巧な作品を作ろうと大変な努力をしていることです。これが現代のジュエリーに欠けている部分です。デザイナーや職人は、根気強く、こだわりを持ってジュエリー作りに取り組み、そのなかでユニークな要素も取り入れながら、目を見張るような作品を作り上げます。さらに興味深いこととして、伝統的ジュエリーのデザイナーは、ルビー、サファイア、真珠、ダイヤモンドといった貴石や半貴石に焦点を当てることによって、ヴィンテージ効果を達成しようとします。

モダンジュエリー

現代的なジュエリーになると、これらの作品は高価な金属を使って、特別に作られています。高価な天然石については、デザインによって使われることもありますし、使われない場合もあります。こうしたジュエリーは、主に現代の時代の好みに柔軟に合わせるよう作られているのです。モダンジュエリーからは芸術規範のようなものが感じられます。一般大衆向けに大量に売られているジュエリーですと、これが感じられないものもあります。

そうは言っても、モダンジュエリーのデザイナーにはまだ、人を理解する心や、専門家として道を極めるという覚悟のようなものがもう少し必要かもしれません。その一方で、モダンジュエリーのデザイナーは、非常にカスタマイズされたデザインや特定の機会に合わせたデザインにも挑戦しています。

ファッションジュエリーも、モダンジュエリーの一部です。今後の成長が見込まれている分野です。昨今の技術の発展により、材料の扱いや処理が以前よりずっと簡単になりました。例えば、真珠はより短期間で収穫することができますし、人工石の品質も大幅に向上しました。つまり、ほとんど誰もが美しいジュエリーを手にすることができる時代になったのです。
最近では、実際に身に着けるのではなく、美術館で鑑賞されるために作られた、作品としてのジュエリーを重視しているデザイナーもいます。それでも、モダンジュエリーが人々の間で高い人気を誇っていることに変わりはませんし、大量生産の技術により、どこでもすぐに手に入れることができるようになりました。世界中のあらゆるお店で、自分のスタイルや好みに合ったジュエリーを見つけることができるようになったのです。